よくある問題|合格をするために中学受験対策の塾へ【道を開く可能性を上げる】

合格をするために中学受験対策の塾へ【道を開く可能性を上げる】

先生と生徒

よくある問題

作文用紙

広い知識が必要

小論文は近年入試問題において幅広く行われるようになった試験問題であり、小学校入試からも取り入れられている傾向があります。小論文を書くためにはテーマが必須であり、このテーマもいろいろな範囲から出てくる傾向があります。このため、入試などにおいて小論文の課題が課されている場合には、幅広い知識を身につけておくことが大切になっています。知識を身につける方法にはいろいろな方法がありますが、小論文の場合、ある程度の傾向が学校や試験機関によって決まっていることが多いです。このため、事前にどのようなテーマが出てくるのかを予想して勉強することが大切になります。最近では社会的なニュースからの出題も増加をしている傾向があります。

書き方も注意

小論文を書く時にはテーマについて理解をしておくことも大切ですが、もう1つはどのように書いていくのかという文章力も大切になります。せっかくテーマについて理解をしていても文章で表現をすることができなければ意味がありませんし、書き方を間違えていてはよい点数をもらうことができません。このため、入試などに小論文がある場合には通っている学校の先生や専門の講師に書き方を指導してもらい、添削をしてもらうのがよいです。間違いを指摘してもらうことによって正しい文章の書き方を知ることができます。周辺にだれもこうした小論文の添削をすることができる人がいない場合には、通信教育などを活用して添削を依頼するのも1つの方法です。